豪華絢爛な空間でワクワクしながらゲームができる…カジノはそんな体験を楽しみたい人にとって魅力的な場所。著名なアーティストにはギャンブル好きがたくさんおり、中には作曲や演奏活動、ツアーの合間に腕利きプレイヤーといわれるほど稼いでいる人もいるんです。このようなスーパースターたちも、皆さんと同じように、ルーレットが回るときの興奮、戦略的なアプローチで挑むブラックジャックのラウンド、スロットでジャックポットが出た際にコインがジャラジャラ出てくる音を求めて、カジノに集まってくるのです。

フランク・シナトラ

フランク・シナトラは、ブラックジャックやポーカーなどハイステークなカードゲームを行う大物ギャンブラーとして有名です。

彼が参加したラウンドは秘密に包まれたプライベートな環境で行われていたため、勝敗に関する情報はほとんど分かっていません。しかし、タホ湖のノースショアにあるカル・ネバ・ロッジ&カジノを購入するまでに至ったことを考えると、天才プレイヤーと呼んでいいのかもしれません。

レディー・ガガ

レディー・ガガのラスベガスとカジノ好きは有名であり、ラスベガスで行われる公演は非常に華やかです。彼女にとってギャンブルは勝ち負けではありません。プレイすることで、大勢の観客の前でパフォーマンスをするプレッシャーから解放されると話しています。

お楽しみ

50セント(本名:カーティス・ジャクソン)も、オンラインポーカーやカジノを楽しむラッパーの1人で、賞金をチャリティーとして複数の団体に寄付していることでも知られています。

ケイティ・ペリー

アメリカ人シンガーであり、ソングライター、女優でもあるケイティ・ペリーもまたカジノ好きとして有名です。ギャンブルをテーマにした「ウェイキング・アップ・イン・ベガス(Waking Up In Vegas)」という曲も、彼女がカジノ好きであることを証明しています。

レミー・キルミスター

ロックの象徴ともいえるレミー・キルミスターの名前は、ロック好きなら一度は耳にしたことがあることでしょう。ヘビーメタルバンド「モーターヘッド」の主宰者でもある彼は、大のギャンブル好きでした。2015年12月にこの世を去るまで、カードゲームやビデオスロットを楽しんでいました。ドキュメンタリー映画「レミー:ザ・ムービー(Lemmy: The Movie)」の中で、音楽仲間たちは、彼がスロットをプレイするためにロンドンのカジノを毎日のように訪れていたと話しています。レミーはギャンブルをテーマにした数々の楽曲を発表し、ギャンブルへの熱意を伝えています。「エース・オブ・スペーズ」はギャンブルコミュニティにとって定番の一曲であり、彼の代表曲でもあります。

グラディス・ナイト

ソウルの女王と称されるグラディス・ナイトは、ギャンブルが人生の大きな部分を占めていたため、多くの問題を抱えていました。高額を賭けるカジノイベントで4万ドル以上を失った後、趣味であったギャンブルは依存症へと変わり、人間関係もぎくしゃくしたものに。

その後、専門家の助けを求め、ギャンブル依存症を抱える人々のための自助グループ「ギャンブラーズ・アノニマスのプログラム」に参加しています。グラディス・ナイトは著書の中で、失ったお金のことは気にしていないが、子どもと過ごすより多くの時間をギャンブルに費やしていることに気づいた時、助けが必要だと実感したと話しています。

ジェイ・Z

21世紀を代表するアーティストであり、有名なギャンブラーでもあるジェイ・Z。彼のお気に入りのゲームは、ポーカーとブラックジャックで、セレブを含む熟練ギャンブラーと一緒に、人目につかない場所でギャンブルをすることでよく知られています。